nikon 105mm 1.4e

撮影機材

AF-S NIKKOR 105mm f/1.4Eを持って撮影、買うか検討中。紅葉と、ポートレート

2017/03/04


今回、表題のAF-S NIKKOR 105mm f/1.4Eを持って紅葉で賑わう亀山湖と、木更津のとても美味しいコーヒー屋さんノージーコーヒーへ行ってきました。

友人から借りたりしていろいろなレンズを試しています。僕の実力に見合うかわからない高価なものから、コスパの良いものまでいろいろ使っています。

現在所有しているレンズは、

  • AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED
  • Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D

の2本のみになります。日々、どんなレンズを買おうか迷っています。

今回は、AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E EDを使ってみました。

nikon 105mm 1.4e

出典:map camera

僕が欲しいレンズ

「スタジオやばっちり撮影機材を整えて撮影する」という方には参考にならないかもしれません。

手持ち撮影
三脚も使う
歩きながら撮る
暗くなったら開放で撮ってみたいな
星も撮りたいな
景色も
ポートレートも

と、僕の場合は撮りたいものだこれだ!と決まっているわけではありません。だからレンズも決まらないのかも…。

もともとの18-35mmを買った理由は、フルサイズカメラを購入したら広角だろ!という不明確な理由で買いました。でも購入してからは景色を撮りに行くことが多く、大活躍でした。結論、18-35mmは僕にとって正解なレンズでした。価格は8万円くらいとまあ、手が出せて、軽いし持ち運びやすさもありました。評価も高いですし。

とは言いつつ、違った写真が撮りたくなって、50mm1.4Dを購入。

まだまだ、いろいろなレンズを経験して、ブログに撮影した写真を残していこうかななんて思いました。

レンズの検討はまだまだ続きます。。。

AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED を試してみた

今回は上記のレンズを試写しました。特に解説はしません。使った感想のコメントするくらいにします。
※レンズの特性を完全に理解しているわけではないので、コメントは僕自身が感じたことになります。レンズの特性を最大限に活かせていないことが多々あると思います。未熟なところもありますが優しく見守ってください。

撮影条件

天気:曇り
月:12月
時間:11時ごろ
場所:千葉の亀山湖
被写体:風景

写真

千葉亀山湖紅葉 105mm 1.4e

105mm microとは違い、背景ボケがとてもふんわりしていた

開放1.4 で撮影。前ボケも後ボケはふんわりと。合焦点はシャープです。

千葉 亀山湖 紅葉 105mm 1.4e

iso100 ss1/640 f1.4

背景に気を使うべきでした。枯れ枝の色味が少し邪魔してしましました。鮮やかなものか、グリーンを置けば良かったです。

千葉 亀山湖 紅葉 105mm 1.4e

クリックして拡大すると、シャープさがわかる一枚

なんかよくわからない枝ですが、奥域を感じやすいかと思います。

千葉 亀山湖 紅葉 105mm 1.4e

奥のもみじにピント合わせ

奥に合わせた場合と、手前に合わせた場合の比較です。次の写真は手前の木に合わせています。

kouyou-2千葉 亀山湖 紅葉 105mm 1.4e

手前にピント合わせ

ピントは木の表面に合わせています。

千葉 亀山湖 紅葉 105mm 1.4e

なんてことない車止めも、違ったものに見えてきます。

105mmは中望遠ですので、背景に置くものをコントロールしやすいです。自分が少し動くだけで背景の感じを変えられます。

 

千葉 亀山湖 紅葉 105mm 1.4e

開放1.4。被写界深度はかなり浅く撮れます

 

千葉 亀山湖 紅葉 105mm 1.4e

遠くの景色をf2で撮影。ピントは釣り人に。

遠くの景色も切り取ることができます。

 

千葉 亀山湖 紅葉 105mm 1.4e

開放では軸上色収差が若干出ていました。

 

軸上色収差 105mm 1.4e

エッジ部分に紫と緑の収差

まあ、私なんかは全然気にしませんが。

と、紅葉に行った時の写真はこんな感じです。

 

スポンサーリンク

撮影条件2

場所:木更津のノージーコーヒー

被写体:店員さん コーヒー抽出器具

写真2

nozy coffee 105mm 1.4e

屋内での撮影。多少暗いが、開放1.4で手持ちで余裕です。

ピント面(nozy coffee)はくっきりとしています。

105mm 1.4e 物撮り

何気ない一枚も写真に綺麗さを感じます

 

105mm 1.4e 物撮り

コーヒー豆陳列

 

105mm 1.4e ポートレート

ノージーコーヒー石坂さん。人の写真はかなりの立体感を感じる

 

105mm 1.4e ポートレート

ノージーコーヒー岡本さん。真剣な眼差し。

105mmということで、距離をとって撮影が可能であり、撮られる側もカメラを意識せず自然なポートレートが可能かもしれません。

 

105mm 1.4e ポートレート

前ボケ、後ボケ フワトロ

AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED 人の写真は本当に面白い!と思います。安っぽい感想で申し訳ないです。。。

105mm 1.4e ポートレート

手前にものたちを置いて

大口径F1.4のということで、画面周辺に口径食があります。F2.8くらいまで絞れば丸いボケになりました。

 

105mm 1.4e ポートレート

口径食が見える、個人的には大好き

 

105mm 1.4e 物撮り

物撮り

前後距離がほんの数十センチでこれくらいボケていきます。

105mm 1.4e 物撮り

物撮り2

 

105mm 1.4e 物撮り

物撮り3

 

105mm 1.4e ポートレート

周辺の減光はライトルームで補正しています。

 

以上、木更津のノージーコーヒーでの撮影でした。みなさん、美味しいシングルオリジンコーヒーをいただけるノージーコーヒーへ是非一度入ってみてください

木更津のオシャレで美味しいカフェ、NOZY COFFEE(ノージーコーヒー)。豆の購入も。
私は千葉県木更津市のイオンモールにある、NOZY COFFEE(ノージーコーヒー)へよく通っています。 イオンモール木更津は2014年10月にオープンし、館内はまだ新しいです
原宿のおしゃれなカフェ、ザ・ロースタリー。美味しいコーヒーが飲める穴場の喫茶店です。
暑い夏、原宿でお買い物をしていると、喉が渇きます。訪れた日は40度近く!常に水分を体が欲していました。そんな日は、水分補給をしながらお買い物をしたいところです。 暑い日に限ら

また、原宿のロースタリーではノージーコーヒーの豆を取り扱っており、都内でもコーヒーを味わえます。



スタッフのお二方、被写体ご協力ありがとうございました。

スポンサーリンク

今回使ったカメラ

最後に

AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED の感想として、ナイスボケでとても素敵です。また絞ったら絞ったで本当に美しい。正直、プロとはかけ離れている私には使いこなせない、そんな気がしてしまいました。

しかし、いい写真を求め、20万円とお値段は高いですが、欲しくはなります。

暗いところは強いですし、何と言っても大口径で見た目も迫力のあるレンズです。合焦点はシャープ、周りのボケはふわっとしています。
撮った写真はデジタルデータのままではなく、なるべく撮るだけフォトブックで印刷したいものです

 

買いたい!けどまだ買わない!

まだまだレンズでの悩みが続きます。。。

本記事、最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク


ブログ村

楽天トラベル

エルビュー株式会社 A8

-撮影機材
-, , , ,