キンモクセイ 金木犀 時期

散策

秋の訪れを感じさせる金木犀(キンモクセイ)の香りは特徴的でいい匂い。小さい花なのに香りが強い。

2017/01/23


毎年この時期になると、金木犀(キンモクセイ)の香りがただよってきます。私はこの香りが漂う期間が、一年を通して最も好きな時期です。残暑はあるものの、夏から秋に向かっていく季節。空気もだんだんカラッとしていき、気がついたら紅葉が始まります。

キンモクセイ 金木犀 時期

キンモクセイは9月中旬から10月下旬にかけて咲く


スポンサーリンク

金木犀(キンモクセイ)の見頃、開花時期は

開花は9月中旬から10月下旬と言われています。特に開花の日程は意識していませんが、キンモクセイの「香り」が開花を毎年知らせてくれます。

キンモクセイの花が開いてる期間は大変短く、一週間程度と言われます。

今年2016年の9月は日照時間が12時間と、曇りや雨が続くことがとても多かったですね。9月27日に久しぶりに晴れ間が出たのを境にキンモクセイの優しい香りが漂い始めました。晴れの日を待っていたかのようです。

記録 2016年9月26日 千葉 天気曇り

少しだけ匂いがする気がして、近くの木を見に行きました。この日はこんな感じ。

キンモクセイ 金木犀 時期

2016/9/26 まだ蕾でした

すこーし開きそうなものもありましたが、開花はしていませんでした。

キンモクセイ 金木犀 香り

2016/9/26 蕾

記録 2016年9月27日 千葉 天気晴れ

この日は晴れて外に出ると、キンモクセイの香りがしました。見に行ってみると開花していました。

キンモクセイ 金木犀 時期

2016/9/27 晴れ間が出たとたん開花した

キンモクセイ 金木犀 時期

オレンジ色の花が無数に咲く

 

スポンサーリンク

どんな花?

キンモクセイは秋にオレンジ色の花を咲かせます。花の数は無数で、葉っぱと花で、特徴的な見た目になります。キンモクセイのよくある場所は人の家の庭先や、公園が多いです。主に庭木として観賞に植えられていることが多いそうです。

木の形は慣れてくるとパッと見でわかるようになります。地上から少しくらい伸びた所より葉が生え始め、大きくなりすぎず、木のシルエットは丸に近いカタチになります。特に選定されているものはまあるく仕上がっています。

キンモクセイ 金木犀 時期

全体の形は丸みを帯びている、のつき方は直線に伸びている

この写真のように、自生しているものも丸いカタチ。

 

花言葉

謙虚」 強い香りを漂わせるのに、身に付ける花はとても小柄という事でそう言うようです。

気高い人」秋雨で一気に花を散らせる姿が潔い、という連想からこういう花言葉もあるそうです。

最後に

秋の訪れを知らせてくれるキンモクセイの香り。皆さんもぜひ感じてみてください。外を歩くとき、自転車に乗るとき、車を運転するとき、外の匂いを感じてみてください。特徴的な香りがいたるところですると思います。

本記事、最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク


ブログ村

楽天トラベル

エルビュー株式会社 A8

-散策
-