撮影方法 散策

神戸撮影、地元に人に聞いたお勧め夜景スポットはなんと市役所!六甲山、摩耶山より行きやすい!

2017/01/23


兵庫県神戸市といえば思いつくのは夜景の美しさ。六甲山摩耶山から見える夜景は「100万ドルの夜景」なんて言いますよね。

三宮駅付近に宿泊し、夜景のスポットを探していました。ネットで「神戸 夜景」などと調べると、「山」から見える夜景を推奨していました。

いざ、三宮駅から公共施設を使って六甲山へのルート検索をしてみると、なんとも遠い。JR→バス→ケーブルカーを使い、ようやくたどり着くことができるそうです。所要時間は一時間程度で、そんなに大したことないのですが、なんといっても最終ケーブルカーの時間が21時【夜景】を楽しみたいのにそりゃあんまりだよ…と思ってしまいました^^;

もっと近くにいいところないかなあ、とディナーのお店で話していたら、優しい店員さんが教えてくれました。「神戸市役所が穴場ですよ^^」と。三宮駅から歩いて600m、時間にして5〜10分!なんとも魅力的。ご飯を食べた後、その足で行ってみました。

スポンサーリンク

ところで100万ドルの夜景ってどういう意味?

ツアーや、観光地の売り文句として、「100万ドルの夜景」ってよく聞くかと思います。それは、この夜景はまるで宝石のよう!100万ドルの価値がある夜景だね!ではないのです^^;。

もともとの意味は、「見えている景色の電気代が100万ドル」ということ。現実っぽいですね笑

神戸の電灯の数はおよそ496万個。その1ヶ月の電気代を当時のレートでドルに換算するとおよそ100万ドルになったそうです。

この100万ドルは、為替によって、1000万ドルの夜景と呼ばれていることもあるそうです。

飲食店や、レジャー施設、街灯も多いですが、定時以降の夜景は残業中の電気代とも置き換えられます。なんとも考えると切ない。。。

 

神戸市役所 展望ロビー

さて、お話を戻します。

オススメされた「神戸市役所 展望ロビー」について紹介します。

場所

兵庫県神戸市中央区加納町6−5−1

市役所上部には、神戸市のロゴが入っています。

日中の市役所はこんな感じ。市のロゴが目立つのでわかりやすいと思います。

 

アクセス

三宮駅から徒歩約6分。市営地下鉄湾岸線三宮・花時計駅から徒歩約3分。

 

展望台営業時間

平日、8:15 ~ 22:00

土日祝、10:00 ~ 22:00

 

定休日

年末年始とのことです。

 

料金

無料!

スポンサーリンク

 

神戸市役所 展望ロビーへは簡単に行ける

夜になると市役所の建物は少し判りづらくなるので、スマートフォンなどのマップを使うとより確実にたどり着けるかと思います。

神戸市役所入口前にて

神戸市役所入口前にて

神戸は街の街灯や街路樹、歩道などがとても整備されています。それらは夜になると暖色のライトで照らされ、日中とは違った景色になります。上からの眺めも良いですが、こうした下から夜景、ライトアップも楽しめます。

写真の右手が入口になります。営業時間中はロビーが明るいのでわかりやすいでしょう。

 

神戸市役所 夜景 六甲山

市役所1階 エレベーターホールへ向かおう

誰もいないかと不安でしたが、さすがに警備員さんはいらっしゃいました。左の赤い枠のエレベーターが展望台へ直行してくれます。

 

神戸市役所 夜景 六甲山 エレベーター

展望ロビーは24階です

 

神戸市役所 展望ロビー夜景撮影

穴場と聞き、実は人が多いのではないだろうか…とそわそわしながら平日金曜日の夜に行ってみました。

神戸 夜景 市役所 穴場

穴場でした(金曜夜のみ確認)

この写真は展望ロビーの一角。そこに私を含めて約5名。もしかしたら時間帯が良かったのかもしれません。訪れた時間は21時頃でした。

ちなみに!三脚は持ち込めますが、写真に写っているようにガラス手前にはちょうど良い高さの台があります。夜景撮影の際はこの部分に置くことでブレずに撮れます。

 

向こう側の通路もこんな感じでした。

神戸市役所 夜景 穴場

展望ロビー21時は空いていた

 

さて夜景はいかがなもの?

神戸市役所 夜景 美しい 穴場 六甲山

神戸市役所から見える夜景は、すごく美しかった

想像以上でした。

なにやら、4本のサーチライトが見えました。これはポートアイランドに架かる「神戸大橋」の四方を囲むようにライトが設置されているそうです。

 

ちなみに六甲山から見える夜景はこんな感じだそうです。↓

 

六甲山 夜景 神戸

見える規模は圧倒てきに広い六甲山

大阪湾の向こうまで見えるのは素晴らしすぎますね…。

しかし!市役所から見る夜景も美しいです。都会の真ん中で、地上100mから見渡せる神戸の夜景も格別です!色彩、生活感をより感じることができますしね。そしてなんとも無料ということ。魅力は十分あります。

 

市役所へ戻りますね。

神戸市役所 夜景 穴場

市役所からは、街並みを近くに見下ろすことができます

遠くに見えるは山のライトアップ。

イカリのマーク、神戸市のロゴ、船なども見えます。

 

神戸市役所の展望ロビーからの撮影の注意点

神戸市役所 夜景 穴場

ガラスからレンズを離すと、中が写り込んでしまうので注意

建物付近を見るとなんてことありませんが、画像の半分から上の左右をみてください。緑色のモヤっとしたものがあります。これはガラスからレンズの先端が離れてしまい、後ろロビーが写っています。

撮影の際には、ガラスにレンズをくっつけた方が良いです。(レンズとガラスを割らないように、気をつけて!)

 

神戸市役所 夜景 穴場

若干柱が入ってしまいますが、ハーバーランド方面

望遠レンズがあればクローズアップできましたが、持っていません。。。ですがかなり良い景色が見れました!

東は六甲アイランド、南はポートアイランド、西はハーバーランドと多方面見えたので非常に満足です!

 

展望ロビー展示物

神戸市の見どころマップのようなもの。わかりやすく表記されています。

神戸市役所 夜景 穴場

神戸市 マップ

 

神戸市役所 夜景 穴場

展望ロビーから見える景色インフォメーション

夜には若干わかりづらかったですが、これは非常に参考になりました。

 

 

神戸お土産

神戸のお土産で有名なのは、神戸壺プリンです。その名の通り、ツボに入っています^^実際食べましたが、とても濃厚カスタードとビターなカラメルソースが混ざり合うと美味しさ格別でした。お取り寄せプリンランキングでも一位を取得しているようです。大人気のお土産です。

フランツのプリン、ハーバーランドに店舗がありますので、行った際には是非立ち寄ってみてください。

 

また、神戸では、神戸牛が人気ですが、和牛にこだわった最高級ハンバーグを贈り物にしてみてはいかがでしょうか。

 

最後に

神戸の夜景隠れスポットについていかがでしたでしょうか。

神戸の美しいスポットを間近に楽しめることができます。ケーブルカーなどを使わなくてもいけるので、気軽に行けると思いますよ^-^

 

本記事、最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク


楽天トラベル

エルビュー株式会社 A8

-撮影方法, 散策
-, ,