logicool G613-3 プログラム

PC関連

レビュー、Logicoool(ロジクール)のキーボードG613を購入。使用感、打鍵音などを紹介。


Logicool(ロジクールが)ゲームのキーボードで初のワイヤレスメカニカルキーボード「G613」を発表しました。
価格コムでも注目され、注目ランキングでも上位にいました。

新しいものが好きな私は、なんだか調べているうちにどんどん欲しくなってしまい、アマゾンで購入してしました。
もともとPCのゲームは全くやらないので、ゲーム観点でお話はできないのですが、使用感や、打鍵音の動画などを載せたいと思います。

購入して一月くらい経ちますが、使用感、押し心地、キーを押し込む時の音は気に入っています。
また、LIGHTSPEED™とBluetoothの2種類のワイヤレス接続ができるため、PC入力はLIGHTSPEED™、スマホ入力はBluetoothとボタン一つの操作で二台操作切り替えが瞬時に出来ることも気に入っています。

などなど気に入った点、少々難点などを紹介してまいります。いつも通り、写真が多めになっています。雰囲気を確認したい方にぜひ目を通していただきたいです。

スポンサーリンク

Logicool、G613キーボードの特徴について

logicool G613 キーボード レビュー

G613 キーボード操作レビュー

以下に、1ヵ月間使用した感想を箇条書きで紹介します。

・キーピッチは19mmとなっております。電気屋さんで他のキーボードを試しましたがキーの間隔や、大きさはほぼ変わらないです。
・メディアコントローラが付いてます。音量調節、ミュート、曲の操作が可能です。
・2種類のワイヤレス接続を瞬時に切り替え可能。現金の左上にWi-FiマークのようなものとBluetoothマークがあります。
・ゲーム目線ではありませんが、キー入力での遅延は感じません。
・全キーアンチゴーストでキーボード上での光の乱反射はありません。写真でもわかると思いますが光がイヤにキラつく事はなさそうです。
・今までひと月以上使ってますが接続が切れた事は1度もありません。安定しているのだと思います。

・キー自体のLED発光ありません
・パームレストは外すことができません。アームレストの幅を結構大きめなので机の幅を気にする方は注意が必要です。

logicool G613 パームレスト

パームレストは取り外し不可

ちなみに上の画像のスマートフォンはiPhoneSEです。

・キーを仕込む時の音は大きいと言うレビューもあります。個人的には心地の良い音だと思っています。是非お店でお試しください。(私はお試しせずに買ってしまいましたが…^^;)。動画を撮影してみましたので、音を出して聞いてみて下さい。

プログラム可能な6個のGキー

logicool G613-3 プログラム

プログラム可能な6個のGキー

インターネット上からダウンロードする必要がありますが、ロジクール ゲーミング ソフトウェアを使用すると、Gキーをプログラムでカスタマイズすることができます。G1~G6まであります。
私はカスタマイズする機器を使うのが初めてなので、どんなプログラムを割り当てたらいいか全くわかりません笑

今は割り当てているのはコピーアンドペーストぐらいですかね。。。
ゲームをしない場合の、ものすごく使いやすいプログラムキーがとても気になります。

ウィンドウズで言うとExcelやワードなど、ソフトによって異なったプログラムをできることもメリットです。

Romer-Gメカニカルスイッチについて

多くのプロ選手も使用するプロフェッショナルグレードのパフォーマンス、反応性、耐久性を目指し設計。1.5mmでの短焦点のアクチュエーション*により、一般的なメカニカルスイッチと比較して25%高速反応。速度、精度および静音性を完璧に融合。

商品の説明書通り高速の反応で印象はかなり良いです。押した感触もしっかりあります。
レビューでは感触は青軸に近いと言われています。私自身はメカニカルキーボードが初めてなので、青軸との比較ができません。申し訳ないです…。

耐久回数は7000万回
これだけ耐えられればまあ問題はないでしょう。

操作した感じで気になる点は、タイピングの後のスプリングの戻るような響く金属音です。ブーン、ブーン と音がなります^^;
私はもう慣れましたが、最初気になって仕方がなかったです。

ゲームモードスイッチ機能

ゲームモードスイッチをオンにしているときは任意のキーを無効にできます。例えばスタートボタン、シフトボタン、コマンドボタンをオフにするなど。
いらないキーを排除できるのは良いかもしれません。

 

アマゾンで購入、開封

今回私はアマゾンで購入しました。箱が届いたときにはものすごくって何かととてもびっくりしました。

logicool G613-18

アマゾンから物が届いた、箱がものすごくでかい

参考までに前回まで使っていたロジクールのキーボードと、今回アマゾンから届いた箱を比較しています。箱の大きさがものすごく大きく分厚いことがわかると思います。

logicool G613 キーボード

開けてみたらスカスカ笑

開封してみたら箱の中身はスカスカでG613は中で動き回るようになっていました。。。

logicool G613 キーボード

空間が広すぎてG613の箱は少し潰れて…

Amazonの段ボールの中で遊びが広がったせいか、ロジクールのキーボードの箱が少し潰れていました。悲しい。。
アマゾンさんコレでいいんですか…。

logicool G613 キーボード

logicool G613 キーボード

化粧箱自体は少し高級感があります

logicool G613 キーボード

簡単なG613の特徴が記載されています

先に述べた内容ですので上を参照ください。

logicool G613 キーボード 配列

logicool G613 キーボード

主な仕様

主な仕様が箱の側面に記載されています。仕様についてはホームページに詳しく書いているのでそちらをご確認ください。

logicool G613 キーボード

とにかく箱がでかくて重い、非常に驚きました

同梱紹介

同梱されていたものはキーボード、スマホスタンド、ライトスピードモジュール、ライトスピード延長ケーブルになります。

logicool G613 キーボード

キーボードは分厚いビニールに覆われている

キーボード単品で重さは1.5キロほど、結構ズッシリしています。逆言えばタイピング中に簡単に動かないのでとても良いと思います

logicool G613 キーボード スマホスタンド

スマホスタンドが同梱されている

スマホスタンドは使えるかと思ったが、既に自分のを持っているので今は箱の中にしまったままです。

logicool G613 キーボード スタンド

iPhone SEを立てかけるとこのような感じ

logicool G613 キーボード ライトスピード

ライトスピードモジュールと延長ケーブル

現在ライトスピードモジュールの位置はキーボードのすぐ近くまで延長ケーブルで持ってきています。これが遠いことによる遅延があるのかどうかを検証していません。

キーボードの裏面について

キーボードの裏面は滑り度止めのような素材が付いています。キーボード自体の重さもしっかりあるのでタイピング中にズレる事はほぼありません。

logicool G613 キーボード 裏面

キーボード裏面の仕上げにも手がかかっている

斜線の意味は少しよくわかりませんでした。触っても普通のプラスティックですし、化粧だけですかね?

logicool G613 キーボード

logicool G613 キーボード 滑り止め

パームレストの裏側に滑り止めが付いています

logicool G613 キーボード 高さlogicool G613 キーボード 高さ

高さ調節可能な足も付いています(1段)

上の写真はテンキー側から撮った写真です。高さ調節可能な足がついています。これは一段上げた状態です。この形か、足を折りたたんだ形の2通りでしか使用ができません。

ちなみにG613の右にあるのはオンオフスイッチです。長期間使用しない場合はオフにすることでより長く使用することができます。

logicool G613 キーボード 高さ

キーボードの質感紹介

マクロレンズでよって撮影してみました。参考までにどうぞ。

まず初めに全体の写真です。

logicool G613 キーボード

キーボード左側

logicool G613 キーボード

キーボード右側

logicool G613 ライトスピードモジュール

ライトスピードモジュールはunifyingとは併用できません。他のロジクール製品と併用できないのが少し難点です。私の場合ですとロジクール製品のトラックボールのunifyingモジュールとキーボードのライトスピードモジュールの2つを付けています。

logicool G613 トラックボール

私はトラックボールとこのキーボードを使っています

以前トラックボールの使い心地を紹介しました。これがまた使いやすいです。

ぜひみなさんにも使っていただきたい!

logicool G613 質感

マットな質感

文字プリントのはがれはあるのでしょうか。現時点ではわかりません。

わずかに気が凹んでいるので、隣接するキーとの差がわかりやすいです。

logicool G613 テンキー

テンキー

ナムロックボタンにLEDがついていないので、このキーが有効か、無効かがすぐわからないというのが難点でしょうか。

logicool G613 メディアコントロール

メディアコントロール

メディアコントロールのスイッチはカチッカチッと押し心地は良好。

logicool G613 ゲームボタン

プリントスクリーン、スクロールロックなどもあります

ゲームボタンの切り替えスイッチはこちら

キーボードの写真は以上になります。

スポンサーリンク

おすすめキーボード

私がこのキーボードにたどり着くまでにいくつか候補がありました。それらを紹介したいと思います。
四角に紹介する製品の特徴を簡易的に書いています。
■有線でも可、防水で洗えるキーボード、青軸メカニカル↓

■有線、オシャレなキーボード、青軸メカニカル↓

■ロジクールの旧品、テンキー無し↓

■キーの形がしっかりしている、LED点灯、価格は少し高いが↓

すべてランキング上位のものです。メカニカルスイッチで、無線接続と言うキーボードはG613しかないし、新発売ということでこのモデルに決定しました。
今のところ買って後悔は特にありません。

関連記事

トラックボールについて記事を書いています。よろしければこちらもどうぞ。

ロジクールのトラックボールはパソコン作業の効率をアップする。パソコン設定方法も記載
長時間PC作業をしていると、首が痛い、肩も痛い、マウスの使いすぎで手首が痛い。。。等でてくると思います。 今回の記事では、マウスについてオススメな製品を紹介します。 マウス作業

■お掃除アイテム

最後に

ロジクールの2017年9月に出たばかりのG613メカニカルキーボードについていかがでしたでしょうか。
キーボードのタイピング音は少々大きめですが非常に押しやすく、またレスポンスも悪くないと思います。
ゲーム観点でレビューができなかったのが申し訳ないですが、一般の利用でも不自由なくする使用することができますので参考になればと思います。

本記事、最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク


楽天トラベル

エルビュー株式会社 A8

-PC関連