谷川岳 紅葉 ブログ

紅葉

群馬県の谷川岳へ紅葉を見に行ってきた。美しい紅葉と岩山を見れる一ノ倉沢もすごい。

関東から日帰りで行ける紅葉登山として有名な谷川岳に行ってきました。
ロープウェイ、リフトを有効に活用して山頂まで行くことも可能です。

またこの記事の一番上にある写真は「一ノ倉沢」と言うところになります。谷川岳付近まで散策した後に、一ノ倉沢まで行ってきました。
1日のうちに二つ回れるのでいいコースだと思います。

この場所はかなり絶景広がる場所でとても感動しました。
とても感動したので先に写真を出しちゃいます。

谷川岳 一ノ倉沢 紅葉 登山

一ノ倉沢(いちのくらさわ)。物凄い絶景…。たまたま前日には雪がふり岩山の上の方には雪があり、そして見応えのある岩肌、そして手前に広がる紅葉…まるでマックブックの壁紙にもありそうな、そんなすごい景色でした。記事下にたくさん写真を貼り付けます。

スポンサーリンク

本記事の機材

要望が多かったので、先に機材紹介を入れておきます。

□Nikon D850

created by Rinker
Nikon
¥313,000 (2020/12/02 01:51:14時点 Amazon調べ-詳細)

□Nikon AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G

created by Rinker
Nikon
¥246,236 (2020/12/02 12:38:42時点 Amazon調べ-詳細)

□Nikon AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G

created by Rinker
Nikon
¥176,020 (2020/12/02 12:28:57時点 Amazon調べ-詳細)

□AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR

created by Rinker
ニコン
¥465,000 (2020/12/02 04:16:17時点 Amazon調べ-詳細)

□Carl Zeiss Milvus 2.8/15 ZF.2

created by Rinker
カールツァイス
¥263,610 (2020/12/02 12:28:57時点 Amazon調べ-詳細)

□Carl Zeiss PLANAR T*1.4/50mm ZF.2

created by Rinker
カールツァイス
¥54,800 (2020/12/02 12:38:43時点 Amazon調べ-詳細)

谷川岳紅葉の見頃

我々が訪れたときはまさに見頃!でした。
訪れた日は2020年10月31日でした。
一般的に言われる見頃は10月中旬と言うことなので、もしかしたら少し遅かったかもしれませんが、大変満足のいく景色を見ることができました。

ツイッターやインスタグラムにて、最新の情報はチェックしてみてください。

11/16現在の景色をインスタで調べてみたところ、山頂は雪がすごそうです。

ロープウェイで天神平、天神峠へ、谷川岳山頂へ近道

今回のコースを紹介します。
横浜 →車で谷川岳ロープウェイ駅に駐車 →ロープウェイで天神平まで登る →リフトで天神峠まで登る →徒歩で天神平まで下山 →ロープウェイで谷川ロープウェイ駅まで下山 →徒歩で1時間の一ノ倉沢へ→帰路🚗

と言う流れになります。

谷川岳 紅葉 ロープウェイ
ロープウェイで天神平へ
天神平 谷川岳 群馬

ふもとから天神平への空中散歩途中でも美しい紅葉を楽しむことができます。

谷川岳 天神平 紅葉 登山
ロープウェイからの景色
谷川岳 天神平 紅葉 登山
谷川岳 ロープウェイ

立ち寄り、レストラン

ロープウェイを降りるとすぐにレストランがあります。
カレー、ラーメンなどがありますのでお好みでどうぞ。山小屋ご飯といった感じよかったです。寒かったので体が温まりました。

天神平 レストラン
味噌ラーメン
天神平 レストラン
ヒレカツカレー

景色がいい側は前面窓になっているので、外の景色を見ながらご飯を食べている方が多かったです。
いい景色でした。

天神平 谷川岳 群馬
レストランからの景色
谷川岳 天神平 紅葉 登山
レストランからの景色
天神平 谷川岳 群馬 レストラン
天神平 谷川岳 群馬 レストラン

以下、周辺の景色です。

谷川岳 天神平 紅葉 登山
天神平で雪がうっすら
天神平 谷川岳 群馬

さらに天神平から天神峠へリフトでのぼる

ロープウェイで降り立ったところからさらに200m登ることができます。リフト代を払って、さらに上へ行きます。
リフト代は往復と片道のどちらかを選ぶことができます。往復で700円くらいでした。

僕たちは往復で買ったけど、下山はリフトを使わず歩いておりました。のちに雪の中を歩く写真が出てきますが、下山の時の写真です。

天神峠の標高1,317mで結構寒いです。結構薄着の人が寒そうにしていました。この時期(10月末)はすでに寒いので、厚着でいきましょう。

ここから紅葉がすごいです!

谷川岳 天神平 紅葉 登山
雪が積もっている、奥に見えるのが谷川岳山頂

山頂は雪が積もっていると言うこともあります。今回はこんな感じでした。スニーカーなどはやめたほうがいいでしょう。登山靴で行くことをお勧めします

谷川岳 天神平 紅葉 登山
ぐちゃぐちゃ、早朝は凍っているそうだ
谷川岳 天神平 紅葉 登山
日陰はガチガチに凍っている

スニーカーできている人も多かったです。しかし、このぬかるみを見て、進むのを諦めている人が多かったです。

天神峠から谷川岳山頂に向かう人は結構多くいらっしゃいました。天神峠から谷川岳山頂までは約3キロほどです。

谷川岳 天神平 紅葉 登山
奥が谷川岳山頂

見下ろすと美しい紅葉が広がっていました…。美しすぎる

谷川岳 天神平 紅葉 登山
ロープウェイ乗り場が見える
谷川岳 天神平 紅葉 登山
谷川岳 天神平 紅葉 登山
左側、コントラストが美しすぎる!
谷川岳 天神平 紅葉 登山
中央は私、防寒スタイルで行きました
谷川岳 天神平 紅葉 登山
一緒に行ったK.Wakabayashi
谷川岳 天神平 紅葉 登山
ツァイス15mm,50mmを使いこなす
谷川岳 天神平 紅葉 登山
谷川岳から見下ろせる景色

見上げると谷川岳の山頂が見えます↓。天神峠から2時間半くらいで登頂できそうです。気になる方は是非!私たちは山頂を見ながら、次は登ろうと思い紅葉狩りに専念しました。笑

谷川岳 天神峠 登山
谷川岳山頂 多くの人が登っているのが見えた
谷川岳 天神峠 登山
谷川岳 天神峠 登山

山上紅葉を楽しんだ後、天神平からロープウェイを使って下山し、一ノ倉沢を目指します。

谷川ロープウェイ駅から一ノ倉沢へむかう

秋からは道路は車両通行禁止のため、徒歩で向かうことになります。
健脚であれば片道1時間でいけるとのことでした。

私たちは15時前に駐車場から歩き始めました。後述しますが、日が暮れた後、急に2度とかになってすごく寒かったです。服装にはお気をつけを!

道中の紅葉はとても綺麗でした。山頂では見下ろす綺麗さがありましたが、こちらは包まれる綺麗さがありました。

谷川岳 一ノ倉沢
かえでかな?
谷川岳 一ノ倉沢
苔、好きです

ツヤツヤしてる苔の写真が好きです。

谷川岳 一ノ倉沢 紅葉
赤く染まる山に綺麗に線を描く緑の木

まず初めに見れたのはマチガ沢

ロープウェイ駅から30分ほど歩いたところにマチガ沢が迎えてくれました。
ここは岩場野中を川が通っており、両サイドに紅葉奥には岩壁と言う景色でした。紅葉最高です…。

マチガ沢 一ノ倉沢 谷川岳 群馬 紅葉
まず初めに見れたのがマチガ沢
マチガ沢 一ノ倉沢 谷川岳 群馬 紅葉
マチガ沢 一ノ倉沢 谷川岳 群馬 紅葉

マチガ沢を後にして、また30分ほど進むと一ノ倉沢が見えてきました

そして見えてきた一ノ倉沢

一ノ倉沢 群馬 紅葉 絶景
み、見えてきた!

見えたときには思わず感動が溜息としてもれました。すごく綺麗な景色でした。
この色鮮やかな木々に包まれる場所、すごくよかったです。

谷川岳 一ノ倉沢 紅葉 登山
谷川岳 一ノ倉沢 紅葉 登山
縦構図で圧巻を伝えたい
谷川岳 一ノ倉沢 紅葉 登山
ロッククライミングをする人もいるようです

上の写真の右下に100円で利用できる双眼鏡が置いてました。試してみましたが、岩肌をよく見ることができました。これは面白い。
夏の時期などは、ここをクライミングしている人を見れるそうですよ。

そして寒いと思ったら10度を切っていました!写真撮影しまくってたら帰る頃には2度まで下がっていました^^;
日が暮れると一気に寒くなるので、夢中になり過ぎも気をつけましょう。

谷川岳 一ノ倉沢 紅葉 登山
7度!
一ノ倉 説明
一ノ倉の説明

この岩場は世界でも困難な岩場の一つだそうです!知らなかった!
かっこいいです。登る人を見てみたいです、落ちないか冷や冷やしそう😥

スポンサーリンク

最後に

群馬県にある、谷川ロープウェイ駅から散策できる場所について紹介させていただきました。
観光バスも出入りしていて、かなり軽装でもこの辺は楽しめます。

紅葉の紹介をさせていただきましたが、訪れた日の2020年10月31日はとてもいいコンディションだったと思います。もう少し早くてもいいかもしれません。

でも少し遅れると、積雪がさらに想定されるので雪と紅葉なんて楽しめるかもしれません!それはそれですごそうですね^^

また、ガッツリ歩きたい人はロープウェイを使わずに登山もできますので楽しんでみてください。
昔の夏に谷川岳登山しましたが、夏の頂上から見下ろす景色もまた最高でしたよ。山頂から見る空はその青さが作り物のように美しい青なんですよねえ。

また登ってみたいです。

-紅葉

Copyright© Log-Photo , 2020 All Rights Reserved.