ヒメボタル 千葉 内浦山

動物 夜景 散策

千葉県鴨川市でヒメボタル鑑賞。その美しさは衝撃的でした。


まずはじめに。
ホタルは光を感じると発光しなくなるそうです。そうすると、ホタルがいなくなることも考えられます。。。
ホタル鑑賞の際にはマナーを守って楽しみましょう^^

「千葉 ヒメボタル」で検索すると、鴨川市がヒットしました。
情報が少なく、本当にいるのかな…という気持ちでしたが、鑑賞会も行っているようなので行ってみることにしました。
ヒメボタルの生息は2004年に確認されたばかりのようで、その場所を荒らすことのないよう慎重に鑑賞してきました。

追記2018.6.8

2018年にも行ってきました。
6.8は少し早かった様子。
記事の後半に写真を載せます。

スポンサーリンク

ヒメボタルの写真

その前にゲンジボタルの写真

以前、ゲンジボタルを撮影してきましたが、ゲンジは2秒光って、2秒休むのようなゆったりとした光り方でした。

ゲンジボタル 千葉

千葉県君津市三舟山のゲンジボタル

千葉の意外と知られていないホタル鑑賞スポット、ほたるの里と三舟山で撮影してきました。カメラ設定も紹介。
千葉の君津市や、富津市のガソリンスタンド、コンビニの店員さんに行き当たりばったり聞き込みして、2カ所、ホタルがいる場所の情報を入手しました。 情報によると、"①ほたるの里"、

よかったら上の記事もどうぞ。

ヒメボタルは写真写りも最高

一方今回見てきたヒメボタルはというと、1秒間に3~4回点滅します。とても早い周期で光っていました。
行った時は新月でほんっとに何も見えなくて、星がチラチラ瞬いているのかと思いました。それが蛍だと知った時には感動で鳥肌がたってしまいました^^;
写真紹介をしていきます。
2017.6.11に下見に行って、
2017.6.23に撮影してきました。

ヒメボタル 鴨川市

1秒間に3~4回点滅するヒメホタル

カメラ:D610
レンズ:24mm1.4G
シャッター時間:4分
絞り:1.6
iso:1000

漆黒の闇に、キラキラ光るヒメボタル。月明かりが無く、より一層美しく見えました。
ヒメボタル(ホタル科)はゲンジボタルと違い陸に住む蛍です。ゲンジボタルはきれいな水で育つと言われています。

姫蛍は体調7mm程のホタルで、6月中旬から7月上旬ごろの約3週間(千葉ではこの時期です)が見頃です。
時間帯は23時〜26時頃の深夜に活発になります。

ゲンジボタルはにょろにょろとした線で写真には映りますが、姫は点で映ります。いわゆる玉ボケを期待できます。
こんな生き物に出会えて本当に感動しました。

ヒメボタル 鴨川市

林道を進むとそこにもホタルの姿がありました

カメラ:D610
レンズ:24mm1.4G
シャッター時間:3分
絞り:1.6
iso:1000

林道を進むと何やら近くでガサガサッ
「こええ〜汗」
おそらくイノシシか鹿かなあ。友人と一緒に行きましたが、1人じゃ無理です笑
この場所へ行く途中にも、シカ2頭、イノシシ1頭、たぬき1、ネコ5くらい道路で出くわしました。引いてしまうと車が壊れることが多いようなので注意が必要です^^;

ヒメボタル 鴨川市

ホタル鑑賞の際はは道が整備されているので行動しやすい

カメラ:D610
レンズ:24mm1.4G
シャッター時間:20秒(複数枚比較明合成)
絞り:1.6
iso:4000

AF-S Nikkor 58mm f/1.4Gでも撮影してみました↓。玉ボケが美しいっすー^^

ヒメボタル 千葉

玉ボケが美しいヒメボタル

この写真が一番お気に入りかなと思います^^。
カメラ:D610
レンズ:58mm1.4G
シャッター時間:4分(5枚比較明合成)
絞り:1.6
iso:1000

58mm1.4Gの紹介記事も参考にどうぞ^^

購入!AF-S Nikkor 58mm f/1.4G。趣味カメラのレベルでどのくらい撮れるか。
「スタジオやばっちり撮影機材を整えて撮影する」という方には参考にならないかもしれません。 手持ち撮影 三脚も使う 歩きながら撮る 暗くなったら開放で撮ってみたいな 星

スポンサーリンク

ホタル鑑賞の注意

・ヒメホタルは明るさを感じると発光しなくなります。懐中電灯などを持って行く際は、赤いセロハンなどを貼り付けて極力くらい光にすること。
・ヒルが出ることもあるので、長袖 長ズボン 長靴。

他の撮影者への配慮

・足元を照らす光は極力つけない(どこでカメラマンが撮影しているかわからないため)。つけたとしても白い電気はNG。
・落し物をして探すときも注意(場所によっては絶対に電気NGで翌日取りに行きなさい というルールもあるそうです。。。)。
・カメラの背面液晶は撮影後プレビューをオフにする。
・カメラの背面についているLEDも目隠しする。
・カメラのAF補助光も点灯させない。目隠ししておいたほうが良い。
・騒がない

マナーを守ってホタルを守っていきましょう!

追記 2018.6.8に行きました

2018年にも行ってみました。
6/8はまだまだ少ないのか、全然飛んでいませんでした。
やっぱ6月下旬なのかな。

蛍 ヒメボタル 千葉 鴨川市

3〜4匹ちらほら飛んでいました

蛍 ヒメボタル 千葉 鴨川市

写真の中に一匹だけ入ってくる写真も好きです

蛍 ヒメボタル 千葉 鴨川市

奥の方から飛んできていました

月明かりがないと暗くて本当に恐怖です。

森の中からは動物がガサガサしている音が聞こえるし、平日だったんで撮影者は私一人しかいないしめちゃくちゃ怖かったです笑

怖すぎて全然進めませんでした。

蛍 ヒメボタル 千葉 鴨川市

てんてんてん

蛍 ヒメボタル 千葉 鴨川 星

星もすごいです

ちなみに星もすごいです。

この場所は木々に囲まれていて星空撮影には少し向いていませんが、千葉県鴨川市では星撮影もおすすめです。

千葉南部で星撮影をした記事も書いていますのであわせてどうぞ。

千葉で天の川、星がすごく綺麗な場所「野島崎灯台」へ行ってきた。白いベンチが作り出す不思議な世界。
追記17.08.30 ************ 千葉県鴨川市のフリーペーパーである『KamoZine』に写真を掲載していただくことができました。 関係者の皆様には感謝いたします

千葉の綺麗な景色

海に伸びる桟橋が幻想的な原岡海岸。行ったことのない方はぜひ訪れていただきたい。

原岡海岸で桟橋と夕景を撮影-12

原岡海岸・南房総市

千葉県南房総市にある幻想的なスポット原岡海岸。海に伸びる木製の桟橋と、夕景を撮りに行ってきた。
追記 2017.03.11 日中に原岡海岸を訪れてきました。 駐車場に向かう道の狭さや、日中の原岡海岸の雰囲気を追記しております。 千葉県南房総市にある原岡海岸に行っ
江川海岸 木更津 電柱

江川海岸・木更津

日本のウユニ塩湖と呼ばれる、木更津の江川海岸へ。海に浮かぶ電柱が幻想的。鏡張りの撮影に成功!
最近話題の、日本でもウユニ塩湖のような景色が見れるらしいです!しかも木更津で!これは行くっきゃないと思い、行ってきました。 追記:2016.11.09 再度撮影に行って

濃溝の滝・君津

日本一有名な滝、千葉県君津市の秘境、本当の名前は亀岩の洞窟。濃溝の滝ではない。ジブリスポット。
千葉県君津市にある、亀岩の洞窟に行って来ました。間違った名前で広まってしまった「濃溝の滝」は「亀岩の洞窟」の下流にあります。 読み方は【かめいわのどうくつ】、【のうみぞのたき

使用カメラ ・レンズ

□Nikon D600

□Nikon AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G

□Nikon AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED

最後に

ヒメボタル、いかがでしたでしょうか。

関東では埼玉の秩父にしかいないと言われていたヒメボタルを千葉で見ることができました。
私の感想としては、幻想的でとても見ごたえがありました。実際見飽きることがなかったので、23時〜26時くらいまでその場にいました^^;
間違いなくこれから毎年撮影しに行くと思います。
6月はホタル撮影であちこち行かなくてはいけなくて忙しくなりそうだなあ〜。
また1年後を楽しみにしています。

本記事、最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク


楽天トラベル

エルビュー株式会社 A8

-動物, 夜景, 散策
-, , ,