写真編集

実例で伝える。Adobe Photoshop CC(フォトショップ)で写真から不要なものを消す。

2017/01/23


以前、記事中の写真で「不要なものを簡単に消せる」と書いたところ、問い合わせをいただきましたので、改めて紹介したいと思います。

日本一有名な滝、千葉県君津市の秘境、本当の名前は亀岩の洞窟。濃溝の滝ではない。ジブリスポット。
千葉県君津市にある、亀岩の洞窟に行って来ました。間違った名前で広まってしまった「濃溝の滝」は「亀岩の洞窟」の下流にあります。 読み方は【かめいわのどうくつ】、【のうみぞのたき

スポンサーリンク

Photoshop  とは

ホームページより引用させていただきます。

撮影した写真を加工して思い通りの見栄えに仕上げたい。画像や文字を使ってWebページやバナーなどをデザインしたい。水彩画や油絵のような手描きのタッチをデジタルで表現したい。それなら、Adobe Photoshop CCが最適です。Photoshopは、プロも使用する世界最高峰の画像編集ソフトウェアで、精度の高い写真の編集はもちろん、高品質なデザインやイラストを作成するためのさまざまなツールが備わっています。

 

引用元:Photoshop とは?

写真の加工に適したソフトになります。

私は一ヶ月ほど使用してみましたが、感覚的にやりたいことができるので、満足しております。これからどんなことができるか挑戦しながら、皆さんに共有できたらと思います。

30日体験版等もありますので、まずは試してみてはいかがでしょうか。

 

目的:写真から不要なものを消す

今回の写真編集は、以下の写真で行います。

編集前

水辺に入ることができます。

編集後

濃溝の滝 ジブリ 千葉 ハート濃溝の滝

このように、「」「もの(バッグ)」「水面に映ったもの」を取り除きます。

スポンサーリンク

それでは、簡単編集説明を開始します。

Step1:写真を取り込む

フォトショップを開くとこのような画面に

フォトショップを開くとこのような画面に

【開く】 をクリックし、画像を選択します。

 

画像を選択

画像を選択

 

画像が展開される

画像が展開される

これで、Photoshopに画像の取り込みが完了です。

 

Step2:【なげなわツール】で選択し『塗りつぶし』

まず、なげなわツールを選択します。画面左にあります。

1フォトショップで不要なものを削除

 

このなげなわツールを左クリックで長押しすると、他にも出てきますが、

今回は、なげなわツールです。ショートカットキー[L]ショートカットキーは覚えておくと楽なので覚えると良いでしょう。尚、Macのショートカットキーになります。

2フォトショップで不要なものを削除

 

3フォトショップで不要なものを削除

まずは、この青いTシャツを着た男性を消してみます。

消したいものの周りを囲みます。この時、少し広めに囲むのがコツです。囲み終わると点線で囲った部分が表されます。

 

4フォトショップで不要なものを削除

点線内部を「右クリック」して、塗りつぶしを選択。ショートカットキー[delete]でも良い。

 

5フォトショップで不要なものを削除

条件はそのままで『OK』を選択。

内容:コンテンツに応じる

オプション:カラーを適応にチェック

合成:描画モード 通常、不透明度 100%

 

6フォトショップで不要なものを削除

このように消すことが可能です。

ショートカットキーを覚えていれば、

[delete] → [Enter]

で選択されたものが消えます。

選択されたままだと、「ん、おかしいかな」と思いましたが、選択の点線を消すとうまく消せてることがわかります。

選択の解除は、

7フォトショップで不要なものを削除選択の解除のショートカットキー[command + D]

8

こう見ると、どこが選択されていたかわかりませんね。

選択の解除を行ってから、次に消したいものをまた囲みます。

あとはStep2を繰り返し行っていただければ、不要なものを削除することができます。

簡単に動画にしました。

delete フォトショップ

間違った操作は「戻る」をしましょう。

戻る:編集 → 一段階戻る ショートカットキー[option + command + Z]になります。

 

Step3:保存

保存は忘れずにしましょう。

ファイル → 保存

で完了です。

 

今日のショートコード一覧

Photoshopショートカットキー【Mac】

動作ショートカットキー
なげなわツールU
塗りつぶしDelete
選択の解除command + D
一つ戻るoption + command + Z
一つ進むshift + command + Z

 

最後に

塗りつぶし、いかがでしたでしょうか。

簡単に不要なものを削除することができました。

ゴミ、意図していない被写体などを消すことができるので、ぜひやってみてください。

 

背景によってはうまく消えない場合がありました。万能ではないようですので試行錯誤してます。私も勉強中ですので色々やってみます。

 

本記事、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


楽天トラベル

エルビュー株式会社 A8

-写真編集
-