Lark studio ラークスタジオ LSIV

商品レビュー

Lark studio(ラークスタジオ)LSIVを購入、現在入荷待ちです。耳型採取までは順調に。

e-イヤホンさんでLark studio(ラークスタジオ)LSIVを友人が購入しました。
2019.2.11に耳型採取しましたが、2019.3.31時点でまだ届いていません。1ヶ月半を過ぎたところです。

ラークスタジオは2019.12のポタフェスで一気に注文が入り結構混雑しているようです。
周りの様子を見ると、納期3ヶ月とのことです。すごく人気ですね。

スポンサーリンク

まずは耳型採取から

秋葉原のeイヤホンさんの地下で耳型採取を行います。この日は他のお客さんがいなかったため、すんなりと耳型採取をすることができました。
耳型採取はお昼は店員さんの休憩時間ですので採取ができません。ご注意くださいね。

Lark studio ラークスタジオ LSIV
同意書

耳型の採取同意書です。こちらをよく読んでサインしてくださいね。

Lark studio ラークスタジオ LSIV
耳型採取の方式

耳型採取の方法の説明がありました。私が須山補聴器さんでやった時には「自然体、いつも音楽を聴く様子で」ということでしたが、eイヤホンさんは色々な方式を提案していました。

Lark studio ラークスタジオ LSIV

耳型採取の方法は、割り箸横、割り箸縦、開口状態、バイトブロック、須山式
があります。自身の要望に合わせて方法を選んでください。
口を開けると、耳穴も広がります。大きく口を開けた状態で耳型採取をすると遮音性が高くなるそうです。友人は「割り箸横」で採取していました。

採取の方法が決まると、材料を作っていきます。

こちらでは両耳に一気に注入していました。

須山補聴器さんでは片耳ずつでした。

Lark studio ラークスタジオ LSIV
注入はこちらの注射器で行います

先に左のワタを詰めて、そのあと緑を詰めていきます。

Lark studio ラークスタジオ LSIV
Lark studio ラークスタジオ LSIV
Lark studio ラークスタジオ LSIV

採取完了

Lark studio ラークスタジオ LSIV
耳内部の形は結構衝撃的な形

耳型は人それぞれ違います。私の形状とはやっぱり異なっていました。耳の中の形って見たことないので不思議な形してますよね〜。

Lark studio ラークスタジオ LSIV
箱に詰められて、e-イヤホンさんのレジに持っていきます

これを持って1Fに持っていきます。カラーサンプルを見ながらデザインを決定していきます。

デザイン決定

Lark studio ラークスタジオ LSIV
この中からシェル、カバーを決めます
Lark studio ラークスタジオ LSIV
カバーの色も決めます
Lark studio ラークスタジオ LSIV
Lark studio LSIV 注文書

注文書はこちら。左右のロゴを入れるかどうかをこちらに店員さんが記入してくれます。

またウォッチギアを入れるかどうかもこちらに記載します。彼は左にウォッチギアを入れるよう注文しました。

Lark studio ラークスタジオ LSIV
シェル、フェイスプレートはこちらへ記入

この時はアバロンシェルを選択することができました。

アバロンは貝殻で、キラキラしたような見た目になります。

全てに番号が振ってあるので、その番号をメモします。
これにて注文完了です。

eイヤホン秋葉原

たくさん視聴ができるのでぜひ訪れてみてください。1Fはカスタムイヤホンのみとなっているので、たくさん視聴してみてください。ラークスタジオの視聴も1階でできます。

Lark studio ラークスタジオ LSIV
Lark studio ラークスタジオ LSIV

スポンサーリンク

e-イヤホンのあとは上等カレー

上等カレーが美味しかったので記事に残しておきます。

秋葉原 ランチ カレー オススメ
うまい!

これは美味しかったです。たまたま入ったお店でしたが、とても良かった!

秋葉原 ランチ カレー オススメ 上等カレー
秋葉原 ランチ カレー オススメ 上等カレー

関連記事

私はフジヤエービックさんで注文し、須山補聴器さんで耳型採取を行いました。その時の記事ももし興味があれば読んでみてください。

FitEar MH334のカスタムイヤホンの記事はこちら。

FitearのMH334が到着。カラーサンプルで決定した透明とブルーの組み合わせは最高でした。
須山補聴器 FitEarからMH334が届きましたので開封レビュー致します。右 透明シェル+透明カバー左 ブルーシェル+ブルーカバーにしました。まずはカラー写真をどうぞ^^

フジヤエービックでの注文、須山補聴器での耳型採取の記事はこちら

フジヤエービックでFitearのMH334を注文。インプレッションは須山補聴器でやってきました。
最近、愛用しているBoseのノイズキャンセリングのイヤホンのですね、被覆が剥がれてきてしまってとても汚らしいんですよ。 音には影響ないんですが、、、 また、ワイヤレスイヤホ

最後に

今回、ラークスタジオのLSIVの記事を書かせたいただきました。

納期3ヶ月ということで結構な人気が出ております。
気になったいる方はぜひ視聴、注文をお早めに。
物が届きましたらまた記事を更新したいと思います。

本記事、最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

Amazon

-商品レビュー
-,